病院のあり方について

昨今、病院は単に患者の心身のケアを行うだけではなく、その家族の支援、地域住民の健康増進等にも取り組んでいます。また、地域医療を充実させる事や大規模病院の負担を軽減させるためにかかりつけの病院を日頃から持つ事に力を注いでます。

単に心身の状態が良くない人のケアを行うだけではなく地域住民の安心で快適な生活を守るための拠点になっています。

病院は医療従事者だけで業務を行うだけではなく、ケアマネジャー、医療ソーシャルワーカー等の福祉職と連携して業務を行っています。

ある程度の期間が来ると患者を退院させる急性期の医療機関では福祉職との連携に力を注いでいます。
病気や怪我を治すだけではなく、予防医療にも力を入れいます。


これに力を注ぎ、医療従事者の負担の軽減を目指しています。

また、健康寿命のアップも目指しています。



病院が単独で業務を行う事もありますが、昨今は地域の他の医療機関と連携しながら業務を行っている所が増えています。
それの増加によりどこの地域に住んでいてもスムーズに医療サービスを受ける事が出来ます。

渋谷の病院でできるケア。

また、急性期の医療機関を退院した患者が住み慣れた地域のかかりつけ医のケアを迅速に受けられるようになっています。

病気や怪我治療するだけではなく、早期発見、早期治療を行う場所として期待されています。



また、長期間にわたって健康的な社会生活をより多くの人が営めるようにする場所として期待されています。
予防と治療の双方の充実を求められています。

Copyright (C) 2015 病院のあり方について All Rights Reserved.